令和大改修(本堂・仁王門)ご寄進のお願い

 かねてより懸案となっておりました松尾寺の本堂、仁王門の大改修事業の内、まず仁王門の大改修が本年令和二年六月より着手され、来年令和三年の暮れには修理完了。これに続いて令和四年より、いよいよ本堂の大改修事業が進められることとなりました。
 屋根の葺き替えなど大小の様々な修理を重ねて、現在の本堂はおよそ300年、そして仁王門はおよそ250年の風雪に耐えてまいりました。江戸時代の古建築として、何れも京都府の文化財指定を受けておりますが、今回のように本格的な全面解体修理は、再建以来初めての大事業となります。
 長い歴史の中で多くの参詣者を迎え入れてきた松尾寺本堂、仁王門の文化財としての意味をご理解頂き、有縁の皆さまに広く解体修理のご支援をお願い申し上げます。

 

一口(三千円)よりご寄進をお願い申し上げます。
また、大改修期間限定で梵字の御朱印小色紙(一枚千円)もご用意いたしました。
御参拝の折には本堂、受付にてお申し付けください。






仁王門について

明和四年(1767)再建

 本年六月より修理が始まった仁王門は、先年の小修理の際、上棟式に用いられた木槌が小屋裏より発見され、その墨書によって、明和四年(1767)の建立であることが明らかとなりました。


明和以前の仁王門

 さらに時代を遡って、明和以前の仁王門はどのようなものであったのでしょうか。
  松尾寺に伝わる絵画資料をもとに振り返ってみますと、江戸時代以前の松尾寺の様子を伝える絵画としては、寛永年間の火災以前の様子を描いたものとされる「松尾寺伽藍図」(図1)と、さらに時代を遡る「松尾寺参詣曼荼羅」(図2)があります。両資料に共通するのは、二層の楼閣として仁王門が描かれていることです。細部については、屋根が前者では瓦葺、後者では檜皮葺(ひわだぶき)の描写になっている点が異なります。
  これらの絵画資料の描写が、どこまで正確を期したものかは疑問が残りますが、現存の明和の仁王門に先行して、二層楼閣スタイルの仁王門が存在していた可能性は大きいといえるでしょう。


図1

図2

昭和六年(1931)の仁王門屋根の葺き替え

 現仁王門の250年に及ぶ歴史の中では、数回の屋根の葺き替えが必要であったと考えられますが、中でも昭和六年(1931)の御開帳を機に行われた葺き替えは、近年では最も大きな改修工事であったといえます。
  現在の、一見瓦葺と見紛う屋根は、銅板を使って本瓦葺風に仕上げたもので、緑青が銅板表面を覆い、雨ともなればしっとりと一層重厚な時代の風合いを呈しておりました。これが我々にとっては昔から見慣れた仁王門の風景として定着しておりました。
  しかしながら、この改修工事以前に制作された絵葉書や写真資料には、檜皮葺(ひわだぶき)風、ないしは、もう少し厚みのある材を用いた柿葺(こけらぶき)かと思われる影像が残されておりますので、現在の本瓦葺風の銅板屋根は昭和の御開帳以降、僅か90年ほどの間のみに限定される仁王門のイメージであるということになります。
  このような銅板屋根の技法は大正末年ごろに確立したスタイルといわれ、当時としては先進的な技法を導入して仁王門の改修工事にあたろうとする意気込みの表れと言えるかもしれませんが、仁王門に少なからぬ改変を来たしたことは否定できません。
  修理作業は、現在小屋裏の木組みを解体する段階に入りました。この間小屋裏からは、かつて仁王門の屋根を覆っていた栗材を用いた柿(こけら)の一部が発見されるなど、新知見が得られています。


工事の進捗に併せて随時ご紹介させていただく予定です。
詳しくはまた次の機会に。




トップへ戻る